併設施設痴呆タイトル画像

地域密着型サービス
認知症対応型

デイサービスセンター
リバティ中央

グループホーム
和の家なごみ

デイサービスセンターリバティ中央外観画像 グループホーム和の家なごみ外観画像
「受容」と「共感」画像

認知症の場合、心理的・精神的不安要素を取り除き、平穏で安定した生活を送ることが、残存機能(能力・記憶)の向上、回復が図られると言われています。
「リバティ中央」「和の家なごみ」では、生活歴や家族、親族など利用される方を把握し、医療情報、状況評価などをもとに、入居者に応じた処理方法を具体化。また、よりよい環境を整え、ニーズと精神状態に重点を置き、安らぎと穏やかさの中で、尊厳ある日常生活を個人的支援させていただきます。

デイサービスセンター
リバティ中央

「リバティ」とは「自由に」「気ままに」という意味です。住み慣れた地域で、時間や日課を気にすることなく、思うままに過ごすことが認知症の進行や防止に繋がるため、家庭的な雰囲気の中で、個別的なケアを重視。少人数のグループケアを行なっております。

リバティ中央ホール画像
リバティ中央浴室画像

グループホーム和の家なごみ外観画像

グループホーム
和の家 なごみ全室個室

認知症のために、日常生活を営む上で、不安のある高齢者に対し、「和の心」を尊重し、建物は日本家屋の平屋建て。手の行き届く家族的介護のもとで、入居者一人ひとりの生活歴を重視し、掃除、洗濯、料理等の日常行為を大切に考え、安らぎと穏やかさの中で、ゆったりと楽しい日々を過ごしていただけます。

グループホーム和の家なごみ食堂画像
グループホーム和の家なごみ居間画像
グループホーム和の家なごみ和室(居室)画像
グループホーム和の家なごみ洋室(居室)画像